Worldcon/Nippon 2007 report, Aug 31
2007.9.5

 Aug 31  Sep 1  Sep 2

 ワールドコンNippon 2007、8月31日のレポートです。
 14時の展示ホール。平日で日本人参加者が少なく、閑散としていました。


 コミケットの展示。


 コミケット・カタログの原稿。


 ハインライン財団/ハインライン協会のブース。コーヒーが無料でふるまわれていたので「“タダの昼飯などない”のでは?」と聞いたら「コーヒーまではありということで」という返事でした。


 OpenSkyプロジェクト、“メーヴェのようなもの”の展示。オレンジのツナギは八谷さん。搭乗しているのは「東京モダンアート娘」のレンタルペット「娘犬」というのだそうな。


 ハピネットのブース。森田ゆかりのフィギュアが飾られていました。


 英語字幕つきのロケットガール1話を上映中、という貼り紙。


 豪華なファンタジー・アートのお店。


 ライブ・ペインティング。背後にあるアート展示は見応え満点でしたが、撮影禁止でした。


 コスプレの人。


 ピグモンの顔出し看板。


 歴代ヒューゴー賞のトロフィー。


 会議センターの同人誌即売会場にシール製作のボランティアをしている方がいたので、私も作ってもらいました(右下の二枚)。スタンプ帳がないのでもらったシールもここに貼っています。


 企画を覗きます。これは華道教室。


 SFWAとSFWJの控え室、グリーンルーム。ここでコーヒーを飲んでいると、自動的にいろんな人に出会えます。


 「ピーマン」の人。


 企画『宇宙学の現在』。ハワイの研究者が最新情報をレクチャーしていました。


 鹿野司さんに連れられて、初めてマッドサイエンティスト・カフェ『カフェ・サイファイティーク』に入りました。どうも勝手がわかりませんが……


 これが食器で……


 マジコールという過冷却水を作る装置があって……


 氷を入れたグラスに過冷却水を注ぐと、ただちにシャーベット状になりました。
 『レッド・マーズ』の過冷却水による洪水シーンを思い出します。


 19時よりSFWJ主催のレセプション・パーティーに出ました。会場はインターコンチネンタルホテル3F、ベイビュー。


 早川書房社長、早川浩氏のスピーチ。司会は東野司さん。


 大使館のひと、だったかな。


 ロバート・シルバーバーグ氏。


 小松左京氏。


 カメラを向ける人々。


 豊田有恒氏。日本語、英語、韓国語でスピーチされました。


 テッド・チャン氏と菊池誠氏。


 テッド・チャン氏と私。飛浩隆さんに撮ってもらいました。
 私を含めて、テッド・チャンと聞けば目の色を変える人が多かったです。



 ラリー・ニーヴンと私。大森望さんに通訳&撮影をお願いしました。といっても「ノウンスペース・シリーズの大ファンで大きな影響を受けました」ぐらいしか伝えなかったんですけど。


 中国語通訳の王さん。可愛いすぎます。


 ジェラルド・デイヴィッド・ノードレイ氏と林譲治氏。日本で宇宙SFを書いている作家を探していました。


 白衣の一団のアトラクションが始まりました。
 尺八とテルミンの演奏があり……


 新型メイドロボが運ばれてきて、博士たちの手により起動、そして暴走……


 メイドロボが取り押さえられた後、ハルヒダンスを踊りました。またひとつ、日本文化が世界に発信されたということでしょう。


 瀬名秀明氏のスピーチ。


 谷甲州氏のスピーチ。パーティーは21時でお開きになりました。

 Aug 31  Sep 1  Sep 2


ホームページに戻る