QRP用アンテナチューナーとエレクトリック・キーヤー
2006.4.2



 QRP(小電力)移動運用でロングワイヤ・アンテナが使えるように、アンテナ・チューナーを作りました。エレメントの端から給電できるので、同軸ケーブルが不要になります。


 チューナー部分の回路はπマッチで、ミズホのアンテナ・カップラー用コイルがベースです。説明書についていた回路をそのまま使いました。
 SWR表示回路はJH5ESM, Cosy MUTOさんのA Tiny Z-match Tunerから写しました。LEDが消灯したらマッチングが取れたことになります。表示はラジケータにしようかと思いましたが、LEDで充分でした。


 40mバンド用半波長ロングワイヤを木に引っ掛けるとなると、私の腕力ではとてもかないません。そこで簡単なスリングショットを作りました。ゴムは1/8インチ幅のTAN SPORTを8条にしています。アーム部分は厚さ3mm、幅20mmのアルミ材です。


 ガイドラインは黄色いポリ水糸で、先端に釣り用の4号オモリ(14g)を結んで発射します。ごらんのとおり、高さ18mの枝を楽々とまたげました。落ちてきたオモリをアンテナ線に結びかえて引き上げます。
 このときのエレメントはほぼバーチカル配置です。グランド側は1/4波長のカウンターポイズを地面に置きました。これで三重県津市から2Wで、神奈川県川崎市の100mW局と交信できました。
 数度の実験によれば、ロングワイヤ系のアンテナは低く張ると応答率がかなり悪くなります。しかし、バックパッキングなどで行き当たりばったりに移動したとき、左のような大木がみつかるとは限りません。低く張ってもよく働くダイポール系を選ぶべきでしょうか? その場合は給電用に重くてかさばる同軸ケーブルを持つことになります。微妙なトレードオフで、まだ結論は出せていません。


 これはJackson Harbor PressのPK-4 SSR keyer kit。いわゆるエレキーのキットです。PAYPALで注文すると、すぐにこんな航空郵便が届きました。中身は切手サイズの基板とパーツだけ。説明書はウェブからダウンロードします。実に合理的です。


 タカチのケースに組み込みました。電池は006P。VRはキーイング速度を設定するためのものですが、なくてもロジックで設定できます。
 設定はMEMスイッチとパドルの組み合わせで入力します。モールスでメニューが“読み上げ”られるので、それに従います。慣れれば難しくありません。
 設定項目は数十あり、エレキーにまつわる成熟した文化を感じました。


 応急にパドルも作りました。エレキーによる打鍵は楽で正確ですが、いまは縦振り電鍵の修行中なので、まだ交信には使っていません。


ホームページに戻る