津市の珪砂採掘地
2006.9.15



 本年7月、津市半田の新興住宅地で発生した陥没事故。9月になって陥没が再発したというので見に行きました。ブルーシートで覆われた部分が現場です。


 このあたりでは戦前から磨き砂として珪砂を採掘していました。半田砂、伊勢砂というブランドになっています。その坑道が陥没の原因ではないかと考えられています。
 これは付近にあった露頭。グレーの層が珪砂でしょうか。


 砂層は手で容易に剥がれました。


 モーターパラグライダーで上空から観察してみます。これは陥没現場。


 陥没現場から1kmほど西にある磨洞温泉・涼風荘。珪砂採掘跡の洞窟を利用した座敷があります。


 磨洞温泉のそばの珪砂採掘地。


 同上。坑口が見えています。


 上の場所へ地上からアプローチしてみました。


 坑道内は水が溜まっています。


 ここはまだ稼鉱中でした。並んでいる白い植木鉢みたいなものが製品状態の珪砂です。


 磨洞温泉。


 磨洞温泉の一角にあった施設。鬼の口が洞窟に通じているようです。


 磨洞温泉を中心として半径1kmくらいの領域に採掘跡が散在しています。戦時中は防空壕としても使われたそうです。


 これは廃坑跡。


 坑口は岩塊で塞いでありました。隙間から地底の冷気がこぼれています。


 ここはまだ稼鉱中でしょうか。


 縞状になった砂層が見えていました。ナイフでたやすく削れます。


ホームページに戻る