オニグルミとノビル
2005.10.23


 図鑑で知ったオニグルミ。こんなものが身近に生えていたら素敵だろうなと思いながら河川敷を歩いていたら目の前にどっさりぶらさがってました。競争率低いのかな?


 本によれば土に埋めて果肉を腐らせ、中身を取り出すんだそうですが、果肉は簡単に剥けました。種子は黒い繊維に包まれていて、たわしでこすると茶色い殻が現れます。


 殻はめちゃくちゃ堅いです。プライヤーで挟んでも割れず、ハンマーが必要なほど。でも太陽政策(っていうのか)でフライパンで炒ったら自然に亀裂しました。


 いわゆるクルミの実は子葉部分で、油脂がすごく豊富でした。味もクルミそのものです。


 こちらは山菜の入門編、ノビル。里の川岸に生えてました。


 引き抜いてみると可愛らしい鱗茎がついてました。


 さっとゆでて酢味噌でいただきます。ニラみたいな香りで歯ごたえもよく、とても美味。葉の部分もネギ代わりに使えます。


ホームページに戻る