松茸大会2003年

2004.2.23



 CFFC(中部フリーフライト・クラブ)主催のFF競技会。会場は三重県鈴鹿市一宮の田圃の中。素晴らしい好天でしたが、サーマルのおかげでいろいろ波乱がありました。


 上昇中のF1G。右は曳航中のグライダー。



 ピーナツ・スケールの人も来ていました。変わり種がいろいろ。


 ハンドランチ・グライダーの皆さん。
 下は小笠原氏によるディスカス・ランチ(翼端投げ、SAL)。


 電線に降りた機体は風で自然に落ちて無事回収できました。


小型混合級。私は2分MAXのラウンドを落として早々に脱落しました。


 小型混合級でフライオフに残ったのは高田、清水、野口の三氏。高田氏のライトプレーンはトラブルにより発航から10秒足らずでプロペラが停止。にもかかわらずサーマルに乗ってぐんぐん上昇して1位になるという波乱でした。



 表彰式。景品は巨大な松茸。


 競技終了後は池田町民会館の駐車場でテールゲート・パーティー。バザーや松茸バーベキューなど。右は中国製の曳航グライダー。


 16番の輪ゴム1本で飛ばす機体も集まりました。


ホームページに戻る