第二回平城宮ライトプレーン大会

2002.9.5


 今回、初めてライトプレーン部門に参戦してみました。



 私の参加機、ALP1は市販の袋入りA級キットをベースにしました。ただし使ったのは胴体の角材と翼紙くらい。翼の平面形は図面どおりです。翼紙はしわ貼りし、前回の平城宮大会で購入したモントリオールと、オイルダンパーのデサマライザーを付けました。
 プロペラは松の経木を5枚、木目を直交させて積層したもの。エポキシ接着剤が硬化する前に雄型に押しつけて成型します。


 大会当日の風景。左は南側で、朱雀門が見えています。右は北側の大極殿建設現場。この建設現場が風下で、フェンスの中に多くの機体が着陸しました。


 パーツのバザーもありました。桐材、エンジン、モントリオール、タイマー、プロペラなど。物欲をぐっと抑えて、ぜんまい式のタイマーをひとつだけ買いました。



 古いハンドランチグライダーの図面からレプリカを作っている方がいました。翼の曲線と、ぽってり厚いバルサ製の胴体がいい感じ。結構よく飛ぶそうです。


 小型混合級に出ていた機体。キャノピーはペットボトルを切り抜いたもの。

 左はALP1をワインディング・ストゥージに固定してゴムを巻くところ。右はテスト飛行中のALP1(右側)。
 テストのときは順調だったのですが、ぶっつけ本番でゴムをいっぱいに巻いて飛ばしたら頭からダイブして記録は14秒。ゴムのテンションで胴体が反ったせいでした。なんとも初歩的なミスです。
 ゴム4条では無理だと言われて、3条に減らしたら1分以上飛ぶようになりましたが、3ラウンドすべてが1分MAXでないと上位は狙えません。
 当日の記録はランチャーズ掲示板のこちらにあります。次回からはライトプレーン部門の規定が変わって、折りペラなどが使えなくなります。


 今回の競技参加でゴムの巻数カウンターつきワインダーの必要を痛感したので、ありあわせの材料で作ってみました。ギヤ比は約4:1。カウンターは文具店で売っているものです。小さいほうはこれまで使っていたもの。


 ここからは知人の杉本さんに撮ってもらった写真です。フェアチャイルド24のゴムを巻いている私と、その発航・飛行風景。自分が飛行機を飛ばしている姿を初めて見たので、個人的に面白かったです。
 それにしても、なんてのどかな風景、美しい青空でしょうか。





ホームページに戻る