やねこん前日釣行

1999.7.12


 7月2日、日本SF大会「やねこん」前日。せっかく信州まで行くのだからと、私と浅暮三文さんは釣りをしました。フライフィッシングという、擬似餌(毛鉤)を使う釣りです。
 写真左は浅暮さん、右が私。浅暮さんの竿はいわくつきのバンブー・ロッド(竹製の竿)です。



 したたるような緑のなかで、浅暮さんがキャストしています。
 川は私の釣りの師匠、八木さんが教えてくれました。細い流れですが、これが意外や意外、良型のイワナが潜んでいたのです。
 以下、釣り自慢やります。


 私の初イワナ。25センチ。

 私の2ndイワナ。27センチ。

 私の3rdイワナ。29センチ。ああ、なんて美しい魚でしょうか。

 雑魚の定番、アブラハヤも釣れました。よく太っています。



 ポイントはこんなところにも。
 沈んだ石の上流側でライズ(水面での捕食行動)していました。この位置に立って撮影していても、ライズは止みませんでした。


 浅暮さんがていねいにキャストしていきます。

 橋をくぐります。

 橋の下にはツバメの巣がいっぱい。

 苦戦していた浅暮さんがついに仕留めました。
 フライを目前で見切ってはUターンするスレた魚でしたが、マイクロカディス・フライでヒットしました。

 浅暮さんのイワナ。28センチだったかな。
 二人とも釣果があってよかったよかった。


ホームページに戻る