台風大好き!

1997.6.29


6月に上陸! 台風7号


 台風が来るとわくわくします。
 今年は早くも6月から上陸してくれて、私はすごくうれしい。
 7号が四国沖にいたとき、予報針路はまっすぐ我が町――三重県津市――をさしていて、期待に胸を高鳴らせました。
 上は午前7時頃の庭木の様子。桜はいまにも折れそうです。


 これは横浜・石川町のジャンク屋で買ったぜんまい式の自記気圧計。手前にあるのは、ドワイヤーの簡易風速計。
 学術的な意味はなくても、こういう素晴らしい状況は記録にとっておきたいのが人情というものです。

 気圧グラフの横方向のメッシュは1時間単位で、午前10時に鋭いピークが出ています。
 風速は、ピーク時には恐くて測れませんでしたが、瞬間30mくらいあったと思います。
 残念ながら台風7号は紀伊半島をそれて、豊橋に上陸してしまいました。しかし、きれいなデータがとれたことでよしとしましょう。


続いて8号




 6月28日、長崎に上陸した8号は瀬戸内海を東進、西日本を縦断していきました。
 降水量は数ミリ、風も7号ほどではありませんでした。むしろ翌午前1時頃から始まった吹き戻しのほうが迫力ありました。
 台風そのものは近畿地方で腰くだけになりましたが、温帯低気圧になった後の寒冷前線が近所に居座った形です。ピークの後が荒れ模様だったことは気圧計の記録にも現れています。
 翌朝は美しい虹が見えました。写真ではわかりませんが、副虹も出ていました。


ホームページに戻る