野尻ボード


「水からの伝言」を信じないでください
「はやぶさ2」実現に向けて「はやぶさ2を実現させよう」勝手にキャンペーン

記事を書く時刻順目次スレッド過去ログ最近の記事ホームSACニュース


ふるかわ 妄想は続く 2007年02月17日(土)02時20分26秒

ふむ,するとバネを留める支柱間の距離を可変にして,質点の高さに応じてネガティブテンションの状態とポジティブテンションの状態を行き来できるようにすれば,Hodgkin-Huxleyのスリングショット表現が作れるのかな?支柱間距離を可変にするのが面倒なら,重力の方を可変にして(つまり,質点が板の上を運動するようにして,板の勾配を緩めたり急にしたりする),そうすればBVPモデルのスリングショット表現になる?

この記事にコメントこの記事自身スレッド


ふるかわ 考えてることは(たぶん)同じで,言ってることが逆だ 2007年02月17日(土)01時54分15秒

ふはは,まきのさんは微小振幅のときが線形と言い(原点を通る直線で近似できる),私は逆に振幅の大きいときが線形だと言う(微分df/dxが定数).言ってることが逆ですね.おもしろいや.変位−復元力の関数 F=f(x) の形は初期テンションによって変わりますが,初期テンションがゼロのときの挙動がおもしろいかなと思いました.重力下では,バネ付き下駄はいてジャンプするみたいな運動になるんじゃないかな?もっとおもしろいのは,初期テンションがネガティブの場合(つまり,2つのバネをぐぐっと短く押し込む).すると F=f(x) はおなじみN字型の非線形関数になり,ヒステリシスループが実現できますね(1次元で動くのならば).

この記事にコメントこの記事自身スレッド


まきの 2007年02月17日(土)00時22分44秒

>重りの運動面内で考えた場合には,紐の見かけの「長さ」(正確には射影)はそのまま伸びとなって力に比例するわけなんだ。

そこで納得してはいけないのではないかと。式書いて考えてみたほうがいいです。

計算すればすぐにわかりますが、初期にテンションをかけて引っ張っていても、 変位に対して復元力が線形になるのは微小振幅の時だけです。全域で線形になるためには、2本あってもやはりゴム紐の支点からの距離に力が比例している 必要があります。

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


ふるかわ スリングショット 2007年02月16日(金)20時57分09秒

今は,ゴムの両端を結わえている2本の棒の間隔に対して,重りの振幅を十分大きく取った場合を考えていますよね(ビデオのように).逆に,棒の間隔を広く取り,振幅の方を相対的に小さく(重りも軽く)したらどうなるでしょうか.ゴムはフックの法則に従い,弾性限界のような非線形性は考えないとして.

この記事にコメントこの記事自身スレッド


こなみ 2007年02月16日(金)16時24分49秒

なるほど。スリングショットの力学では,張ってある弾性紐の中心に重りが下がっているということが本質的に重要なんですね。変位ゼロの位置がそのまま原点にとれるから,重りの運動面内で考えた場合には, 紐の見かけの「長さ」(正確には射影)はそのまま伸びとなって力に比例するわけなんだ。紐でぶら下げているのとは全く違うんですね。納得。
ところでバンジージャンプの場合だとゴム紐ってどうなっているんでしょうか?あれは 最初たるんだ状態なんですよね。飛んだことがないもので,というか生涯飛ぶ気なんかありませんが。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


 スリングショット翻訳 2007年02月16日(金)12時23分14秒

こなみさんの解説のようなことはまるで考えてなかったので、「はて?そんなことが言えるのだろうか?」と悩んでしまいましたが、頭の中で図を描いてみたらどうやらそのようです。
ただし、「上端を支えられた弾性のある紐が下がってる」というのでは紐の長さが影響するので正しくありません。
スリングショットでは運動面と垂直な両方向から弾性紐で引っ張っていますから、あくまで中心点からどちらの方向に離れても中心点に向かう復元力が働きます。
そういうわけで、図を言葉で説明しますと、
静止状態では中心点から少し下に下がったところで重力と復元力が釣り合っています。
重りを静止点から水平方向に動かした状態では、復元力は斜めに中心点に向かう方向に働き、力の大きさは重りと中心点の距離に比例しますから、距離そのものに同一視して「重りから中心点に向かうベクトル」を復元力とします。
すると、重力は「中心点から静止点に向かうベクトル」ですから、合成された力は「重りから静止点に向かうベクトル」となって、解説の通りとなります。

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


こなみ 2007年02月16日(金)01時13分49秒
URL: http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~konami/

> 翻訳

いや,実のところ,私はガさんの説になっとくしてないのです(^^;; 夕方退勤前にちょこちょこと計算してみたら,そうはならないような気がするので,とりあえずお聞きしてみようかと。
さらにいうと,ゴムひもの張力と伸びとの関係はエントロピー弾性なので,大変形領域の線形性は成り立たない(数学的には逆ランジュバン関数の形で,伸びきったところで力は無限大になる)から,それはどうなんだとか。で,そんなことを考えているうちに,ゴムの弾性の特性はバンジージャンプにちょうど向いているんじゃないだろうか,と妄想が始まったりとか。
野尻さんの言われる摂動による振動モードの混合は,フィギュアを使った実験では観察できますね。可哀相なお人形。

それから,みなさんにちょうどお尋ねしたいことがあったのですが,どなたか元 JAXA の教授で現在 Newton編集長の水谷仁先生の連絡先をご存知ではないでしょうか。そうでしたらメールで小波まで教えていただけると大変ありがたいのです(アドレスは上のURLから)。こんな目的で掲示板を利用するのは野尻さんに申し訳ないのですが,やや急を要する件で水谷先生にコンタクトをとりたいので。委細はいずれここでご説明します。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


野尻抱介 2007年02月16日(金)00時12分40秒

>バンジー・スリングショット
 なるほど、ガさんの説明とこなみさんの翻訳で理解できたと思います(^^;ゞ。人形を最初にぶらさがった位置から真横に引いたと思えば、上下方向の力をゴムにチャージしてないんだから高さは変わらない、と。
 実験の動画もカメラを固定して撮ればよかったですね。経路が最初に人形がぶら下がっている場所を通る様子が示せたんですが。でも振動が終わる間際は写っていて、それはほぼ線上にあります。
 力学の問題としては簡単すぎるみたいですが、私には結構意外な結果でした。普通のスリングショットで撃った弾は、ゴムの支点のほぼ真横を通っていくので。これは弾性限界付近までゴムを引いて、フックの法則で近似しなくなっているから、と考えればいいんでしょうね。

宇宙探査シンポジウム
 うっかりスクロールさせると見えなくなりますが、画面の一番上に必要な情報にリンクしたボタンがあります。(私はこれに気づくのに時間がかかりました)
 会場は京都で、せっかくの近場開催なので申し込みました。カクテルレセプションも申し込んじゃったので、会場で見かけたら声をかけてやってください。

eg:女子高生と宇宙開発の物語 TVアニメ『ロケットガール』アフレコ取材レポート
 公式サイトではまだ未発表のキャストが載っています。でも載っちゃった以上は語ってもいいんでしょうね。公式サイトが情報をせき止めるためにあるわけじゃなし。
 記事では三原素子が三浦素子になってますが、typoです。素子役の豊嶋真千子さん(前列左端)が出演されているラジオ「TV Game Radion's air」(東海ラジオ)をいつも聴いているので、この配役もうれしかった。アフレコの時「ラジオンズのリスナーです」と告白してきたですよ。
 柳沢真由美さん(前列左から二番目)には挨拶しそこねましたが、さつき役を一回もリテイクなしで完璧に演じてくれました。クールな声が素敵です。
 那須田役の菅生隆之さん(前列中央)は「こんなにしゃべる役だとは思わなかった」とおっしゃってました。凄味のある声で、どこかで聞いたと思ったら『地獄少女』の輪入道でした。

 でもって明日からまた上京して、アニメ誌のインタビューとアフレコ見学とラジオ収録をしてまいります。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


こなみ 2007年02月15日(木)18時15分17秒

問題はこういうふうに言い換えていいのでしょうか。

上端を支えられた弾性のある紐に重りが下がって静止しているものとする。この重りを水平方向に引いて位置をずらして止める(もちろん支える力が必要)。その状態から支えを外してやると重りはもとの位置のあたりを中心とした往復運動をする。このとき紐が重りを引く力の垂直成分はどうなるか?紐の弾性にはフックの法則が適用されるとする。
ガさんの答えから考えると,上向きの余計な力は発生しない。言い換えると常に重りの自重分だけの力が上向きにかかっているだけとなるから,それが重力と釣り合っていて,水平方向の振動だけが見られる。そう考えていいのでしょうか。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


 スリングショット 2007年02月15日(木)10時27分27秒

フックの法則を前提とします。バネを固定した点を原点にして質点位置を r = ( x, y ) としますと、運動方程式は
r" = - k2 r - ( 0, g )
 ( k, g は定数)
これは成分ごとに独立ですから x と y を別々に考えることが出来ます。
x については単なる単振動の方程式で、y についても線型ですから単振動の一般解と特殊解の和で表せます。
特殊解として静止解を考えれば重力とバネが釣り合った y = 一定 になりますから、一般解はこの点を中心とした単振動です。
そして、二次元単振動のうち初期値が速度ゼロの解は直線運動だけですから、スリングショットの運動は直線となります。

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


小林泰三 放映予定 2007年02月14日(水)22時21分29秒
URL: http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

>野尻抱介さん
> (暦に忠実には22日午前0時)スタートです。

おっと危ないところでした。

この記事にコメントこの記事自身スレッドメール


野尻抱介 2007年02月14日(水)18時51分52秒

>放映予定
 録画予約どうもです&ベストSF2006で『ラギッド・ガール』1位おめでとうございます>飛さん。

 ご存じない方のためにお知らせしますと、ロケットガールの放映はWOWOWノンスクランブル枠で、
2月21日(水)深夜24時00分(暦に忠実には22日午前0時)スタートです。初回はOP、EDがなくてぎっちり話が詰まってますので、お見逃しなく。
 WOWOWノンスクランブルはBS放送が観られる環境なら手続き・料金なしで観られます。

>バンジー・スリングショット
 私も地面にぶつからないか気になっていました。振動面が摂動して上下動が膨らまないかなあ、と。
 これは力学の問題に使えるのでは>先生方

 問:無重力状態でバンジー・スリングショットを行ったとき、人(物体)は直線上を往復する。
 では1G重力下で同様にした場合、人の軌跡は横から見てどうなるか?
 (1) 直線になる。
 (2) 凸の曲線になる。
 (3) 凹の曲線になる。

 ゴム紐とちょうどいい重さのお人形(^^;があったもので、1/7スケールの実験をしてみました>
 Youtube:Bungee Sling Shot 1/7 model
 答は(1)(保護色)のようですね。しかしたまたまほどよい重さだったからそうなったのかもしれません。すっきりした問題になるかどうか、どなたか検証してみませんか。

 お人形が気になる方はこのへんでどうぞ。とってもかわいらしいです。質量は140gで、7の3乗を掛けると48kg。密度的にも人体に忠実な作りです。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


7J3AOZ(白原) 人類最強クラスの選抜 2007年02月14日(水)12時30分59秒
URL: http://jh3ykv.rgr.jp/mt/

野尻さん、おはようございます。

>人類最強クラスの選抜

を潜り抜けた人間であるからこそ、高い見識と意思で「人間の負の部分」を払拭して欲しいと思うのは、あまりにも理想論に過ぎるのでしょうか(苦笑)

#この辺は、実際に強烈な差別や偏見を経験した方と、そうでない方とは考え方が違って来るのかも知れませんね。いずれにしましても、このお話の続きは、またいつかお会いした時にでも(笑)

>凧アンテナ

なるほど、例の雑誌向けのネタですね(笑)

#担当編集も野尻さんの記事を楽しみに待っていると言ってましたよ(プレッシャーかしら(爆))。

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先メール


岡山直樹 >バンジー・スリングショット 2007年02月14日(水)00時52分27秒

ディスカバリーチャンネルの「怪しい伝説」という番組で、人間をスリングショットで200ヤード飛ばして越境させていると言うのは本当か検証する、と言う回があって、本当に巨大パチンコを作ってダミー人形を射出していました。ゴムのパワー不足とハーネスの造りの悪さで60mしか飛びませんでしたが。

それを本当の人間でやってしまうバカがいるとは驚きです。
いや〜、すげーバカ(半分褒め言葉)ですね。
いや、もちろん、本当に射出すると、着地速度≒射出速度なので、着地時にほぼ間違いなく死にますが…

あんなに低い角度で射出すると、振動の途中で地面に叩き付けられそうですが、考えてみると、垂直方向の振幅は逆バンジーと同じで決して地面に届かないんですね。
なるほど。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


飛浩隆 2007年02月13日(火)21時10分21秒
URL: http://d.hatena.ne.jp/TOBI/

ごぶさたしております。

>白箱キターーー!
あっ放映は、もう来週からでしたか! リンク先を見て周章てました。
さっそく録画予約を入れておきました。

〈ラギッド・ガール養成講座〉はめどが立ちません……(;_;)

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


野尻抱介 2007年02月13日(火)16時01分59秒

白箱キターーー!
 ついにアニメ版ロケットガール1話が完成しました。もう原作者冥利に尽きます。
 ロケットガールは総作監制じゃないので、各話ごとに微妙にタッチが異なるそうです。3話は虫プロにグロス出しして、なかなかグッジョブだったそうな。そのへんもお楽しみにということで。

>宇宙進出と差別
| 差別を意識せずには暮らして行けない身としては、人種差別や偏見は地上で撲滅しといて欲しいです。

 それらが見識と意志によって払拭されることは大いに望むところです。しかしこうした負の感情は人間性の一部なので、宇宙飛行士からそれらを漂白することはできないでしょうし、すべきではないと信じるものです。
 現在の宇宙飛行士は人類最強クラスの選抜を勝ち抜かないと飛べないので、それ自体が負の感情を引き起こす原動力になります。その一方、そうして各国から集まった優秀な人々と出会い、苦楽を分かち合い、敬意を抱くことから差別や偏見を洗い落としていくようです。
 結果として正になるか負になるかはいい勝負であって、後者が発現したとしても別に驚くにはあたらない、というのが私の認識です。

#凧アンテナについては、もう少しまとまったら某無線雑誌に投稿しようかなあ、などと考え中です(^^;。

はやぶさまとめニュース
 はやぶさに限らず、宇宙関係の情報が精力的に収集されています。おすすめです。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


7J3AOZ(白原) でも人種差別は持って行って欲しくない(苦笑) 2007年02月12日(月)08時35分41秒
URL: http://jh3ykv.rgr.jp/mt/

野尻さん、ご無沙汰しております。

>人間のいいところも悪いところも全部持っていくことになるし

差別を意識せずには暮らして行けない身としては、人種差別や偏見は地上で撲滅しといて欲しいです。

>凧アンテナ

おお、うまく行ったら、是非野尻さんのサイトで記事にして下さいね。

#某ニュースで速攻で紹介させて頂きます(笑)

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先メール


野尻抱介 2007年02月11日(日)00時19分40秒

>『沈黙のフライバイ』(ハヤカワ文庫)
 ぎりぎり今月中に出してもらえそうな感じです。公認研究士シリーズ以外の既出短編4+書き下ろし短編1。解説は松浦さん。

>『SFが読みたい! 2007年版』
 ベストSF2006には絡めませんでしたが、「2000年代前期SFベスト30」で『太陽の簒奪者』が2位に選ばれました。1位は『マルドゥック・スクランブル』。冲方さん……勤勉な人だなあ。

>ロケットガール紹介記事
 徳間系の『アニメージュ』にカラー2ページで紹介されています。監督のコメントつき。さらに欄外にセレーネ・キャンペーンの告知つき。来月号では私のインタビューも載せてもらえるとか。
 あと、アストロアーツの天文雑誌『星ナビ』新着情報コーナーに1/4ページで紹介されていて、来月号では2ページいただける模様です。私もちょっと原稿を書くことに。
 角川系なのに『ニュータイプ』の扱いが無いに等しいことは日記に書いておきます。

>蔓延する菊池教授
 トーク中ずっと、テーブルを11拍子でコツコツ叩く音が聞こえていたとかいなかったとか。

蔓延する田崎教授
 ……なぜ白衣を着ませんか。いくら紙と鉛筆でやってるからって、示しってものがあるのでは。

>元祖ASAT
 確かに、最初にやったのはアメリカですね。そのジャイアン主義は批判されるべきでしょう。とはいえ、それをやった1985年は今ほどデブリに危機感がなかったし、90年代にやった地上からのレーザーによる衛星破壊実験は「デブリが出にくいから」と、一応肩身の狭そうな態度を見せていたようです。
 今回問題になっているのは、中国という国家の空気の読めなさ、(読めていたとしても)横着さでしょう。威信を示すのはいいから、人類に迷惑かけない方法でやれと。

>スペースコロニー
 シリンダー型で多ユニット化すると、こんどは半径が小さくなって、コリオリ効果による不快感が問題になりそうですね。半径がどれくらいあればいいのかは、よくわからないです。数百メートルあればいい、と聞いたことがありますが、言った人もうろおぼえということでした。

>リサ・ノワク事件
 アメリカではこの話題でもちきりだそうで、Lisa AstroNut Diaper Handbagなんてものがebayに出品されていました。
 この事件、私はそんなに驚かなかったですけど。ご乱心は困りますが、人が宇宙に出るとなれば、人間のいいところも悪いところも全部持っていくことになるし、そうあるべきだと思っています。
 そういえば毛利さんといっしょに飛んだ黒人女性宇宙飛行士のメイ・ジェミソンは、職場の人種差別にうんざりしてさっさと退職したそうな。

>凧アンテナ
 天候をにらみつつ、ぼちぼち実験中です>写真1写真2
 これはギブソン・ガール(救難用送信機)に付属しているボックスカイトです。ラインの途中から7メガ用1/2λバーチカルアンテナをゴム紐を介して吊りました。風速10mだと揚力は有り余っていて、ラインを巻き戻すのに疲れるほど。
 ただし、垂直であるべきエレメントが風圧で弓なりになってしまうのが問題かも。このときの交信は1局だけでした。

 ついでに、今月のドラマガのコラムに使った写真。せっかく丹念にマッピングしたのに、印刷したら線が見えにくかったので、補完ということで。

バンジー・スリングショット
 すごすぎ。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


cosy Re: ラジオあさいちばん 2007年02月09日(金)11時58分37秒

ラジオあさいちばん「ニュースアップ」(0720〜0728)『蔓延する“ニセ科学”』;
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2007-02-09&ch=05&eid=82298
これ以上詳しい情報は現時点ではNHKには無いようです.

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


BUNTEN ラジオ 2007年02月09日(金)07時56分08秒

しまった今朝はスイッチ入れ忘れて聞いてない。orz

テキスト化されたとかの情報があったらお教えいただけるとありがたいっす。m(_@_)m

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


cosy ラジオ朝一番 2007年02月09日(金)07時28分22秒

菊池先生がラジオ朝一番(NHK R1)に出演されましたね.
0720〜0728の「ニュースアップ」コーナーで「似非科学」に関してのお話です.
#とっさのことでしたので録音できてませんm(__)m

この記事にコメントこの記事自身スレッド


nq 元祖・デブリの雲 2007年02月08日(木)22時00分59秒

 核拡散問題でもそうですが、真っ先に汚いことをやっているのは、アメリカなのですね。打ち落とされた(って、落ちてないか)衛星の写真が http://heasarc.gsfc.nasa.gov/docs/heasarc/missions/p78-1.html で見られます。

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


美村蔵親 2007年02月08日(木)18時44分46秒

・外乱とモーメント
ジャイロの軸の方向を無理やり変えることで、大きなベクトル積モーメントを取り出して方向転換する人工衛星もありましたね。 外乱って潮汐力と磁場くらいしか思いつかないのですが、モーメントの大きさにもよりますけど、シャフトと外筒に応力を分散できるのもメリットです。(軸に回転対称形)

・放射線対策
受光窓は必ず太陽の方向を向いているし、放熱の制御も含めてウォーターシールドを想定しています。(しかし水が大量にいりそう。水は半永久的につかえるのかな?) 受光面のガラス自体が劣化したら、順繰りにメンテナンスしていくしかないですが。 私のコロニーの居住区に窓がないのは、強化繊維をグルグル巻きにして回転体を均一につくりやすいからなんですけどね。
高エネルギー粒子線には、地磁気を模した「磁界防御」なんて手もありますが、逆に外乱の影響大きくなったりして。 デブリ対策に帯電粘体シールド(電界による回収機能付き)とか、絶対劣化するよなあ。(デブリホイホイ) ネタはたくさんあっても、「ここはこうします!」って言える部分が意外に少ないです。 逆にアレンジの余地がいくらでもあるわけですが。

・空気の量
おっしゃるとおり、空気の量がバカにならないので大型化より多ユニット化としているのですが、ある程度あったほうが容量安定がはかれる(環境の変化が急にならないので制御での対応がしやすい)と思います。 光合成プラントなんかは居住区でなく、ソーラーパネル側に設けたほうがいいかななんて、どんな植物を育てるかにもよりますが、環境の多様性も実現しにくいのでガイアにはほど遠く、高度な環境管理が必要になりますね。
ユートピア構想を抜きにしても、絵的には反対側の面も見える大空間でしょう。 ビルの中にいるのと変わらないのでは悲しい。

壁面高さ200kmはでかいですね。 底が抜けないように、たくさんのテザーが底から生えているのでしょうか。(「千の柱の立つ都」というのも壮観です) しかし、でかいと外乱の影響大きくなりませんか?

SF「超大規模密室殺人事件」・・・ これはないか。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


野尻抱介 2007年02月08日(木)03時27分27秒

>風雲デブリ
 さっそく載りましたね>朝日
 肩書き「デブリ課」に笑いましたが、プラネテスの作者、幸村さんも八坂先生の本を参考にしていたはず。八坂先生はもう退官されたようですが、平山さんの研究室のボスだったわけで、デブリ課を名乗るのにこれ以上フィットする研究室はないですね。

またやるそうです
 文科省。こうなったら秋田大も女子高等部を作ってですね……
 で、ロケガのアニメ化も2期3期と毎年……

>リンク
 ありゃ、うちのOperaだと化けないんですが。文字コードの設定に依存性があるのかな?

この記事にコメントこの記事自身スレッド


アルビレオ 2007年02月08日(木)03時17分09秒

野尻さんの「blog検索:ロケットガール養成講座」リンクはOperaやFirefoxだと文字化けで繋がりません。
IE以外のブラウザの方はこのリンクでどーぞ。

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


平山寛@デブリ課 風雲1C vs ALOS 続報 2007年02月07日(水)21時31分44秒

JAXAが宇宙開発委員会に「風雲1号Cのデブリについて」報告しました。

明日の新聞にも、いろいろ載りそうです。
自分のブログにALOSへのリスク評価(の一部)を載せているところから辿られ、今日も新聞社(BIG3)から立て続けに問い合わせがありました。この機会に、最新の軌道要素(デブリ646個)で計算し直したら、先週「400m以下」と言っていた物体は、最接近でも40kmまで遠ざかっていました。それでも10km以内で交差するもの18個、20km以内36個です。

このニュースでも「棒グラフ問題」に近い物として、中国のデブリが強調表示される傾向があります。
例えばCelesTrakで公開しているCGも、最初に公開された軌道の図が、風雲1Cのデブリを赤で、他の物体を緑で描き、色のイメージ的にも画像上の面積的にも、危なそうな印象を強調していました。
2月7日現在、掲載されているCGでは、風雲1Cのデブリを大きな赤点、既存のデブリを小さい緑点でプロットするという、強調法が使われています。公平にプロットした図も、一番下にあります。

うちの研究室のWWWにも、風雲1CのデブリのCGを追加しました。
上司が作った物です。たぶん先週のNHKのニュース用だったもの。
これは他のデブリと公平にプロットしています。それでもうっすら縦にリングが見えます。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


野尻抱介 2007年02月07日(水)17時43分35秒

 ふー。修羅場続きで潜航してました。一山越えたのでちょっと浮上してバースト送信します。

>ロケットガール養成講座・燃焼実験動画
 素晴らしいです。バンキシャの取材が入ってるところで、いい感じに「試練の構図」が撮れました。おとなし眼鏡っ娘のシュガーもだいぶロケット屋の顔になってきてるし。
 今回のハイライトはこれですね。

 秋山  「だめだな。原因を究明して出直しだな」
 さぁやん「原因はわかってますよ。あそこの取り入れの部分に――」
 秋山  「いやいや、なぜそこが見破れなかったかまで含めてだよ」
 さぁやん「あ、なるほど……ぅわかりました」

 なお、養成講座の関連blogはいろいろあるので追うのが大変ですが、RSSフィードするか、blog検索:ロケットガール養成講座で検索すると楽ちんです。

富士見ティーンエイジファンクラブ:1月28日放送分の模様
 台本から単語を抜き出して予習するとは……長谷川静香、大物かも。

>ホームスター/ロケットガール・バージョン
 ドラマガで告知されてましたが、あの大平さんが携わったという家庭用プラネタリウム・ホームスターのロケットガール・バージョンが景品用に小ロット作られるようです。でもロゴが入るくらいで、星空をバックにオービターが飛ぶ、なんて機能はつかないと思われます(^^)。

>スペースコロニー
 茶筒のような島3号タイプはスピン安定に問題がある、と以前水城さんが指摘していました。
 長軸を自転軸にしていたものが、外乱が加わるとプロペラみたいな回転に移る傾向があるそうで。(テニスラケットを長軸でくるくる回しながら放り投げると、そうなるんでしたっけ?)
 オニールのもともとの構想では茶筒を二本平行して並べて連結し、逆回転させます。これでジャイロ効果は相殺されるし、スピン安定の問題も解消するかもしれませんが、連結には相当な剛性が必要でしょうね。
 あと、ミラーや採光窓は放射線で劣化するからダメ、という指摘もありました。
 美村さんの案ならこれらの問題はクリアしそうな感じですが、どうでしょうか。
 私からのツッコミとしては、島3号タイプは空気の質量がバカになりません。円筒の内面に対して、空気が無駄に多いです。壁面は寸法の二乗で、材料革命による軽量化の期待もできますが、空気は寸法の三乗ですから。(密度勾配を考えなければ)
 ただ、オニールの構想は一種のユートピア思想なので、頭上に膨大な空間があって地平線がなく、宇宙に開けた大窓があり、居住エリアのすべてに視線が通ることが重要なのかも知れません。

 自分で構想しているのは、カウンターウェイトとバケツをテザーで結んで回転させるタイプです。バケツの壁の高さが200kmもあれば空気はほとんど漏洩しないので、天井を作る手間がはぶけます。壁は引っ張り応力しかからないので、布状の物質で作れます。リングワールドの縮小版といえましょうか。これも無駄に空気が多いですけど(^^;。

>中国ASAT
 アメリカは月探査・デブリ除去での中国との協力関係を解消するそうで、まあそれぐらい言わないと面子が立たないでしょうね。
 そのほかシーローンチの爆発、月探査レース、ハッブルのメインカメラ故障、きく8号のトラブル、女性宇宙飛行士の誘拐未遂と、話題が絶えません。松浦さん大忙しだなあ。
 どの事件もロケットガールを読んでいれば「ああ、あのへんのあれね」と思ってもらえそうな話なので、この機会に読んで(視て)やってくださいまし。

太陽系探査ロードマップ検討小委員会
 SACメーリングリストでの國分さんの投稿を転載します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ISASの川口淳一郎先生が委員長を務めておられる
JAXAの月惑星探査チーム、太陽系探査ロードマップ
検討小委員会のホームページが開設されていて,
議事録が公開されています.

http://www7b.biglobe.ne.jp/~nakamura1959/

ご参考まで.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

NHKの棒グラフ描画システムが機械的に世論を狂わせている可能性
 redditより。まったくその通りで、私などはTVでグラフを見かけるとまず縦軸の操作をチェックする癖がついています。こうした悪癖を持つ媒体に、受信料を請求する資格があるとは思えません。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


小林さやか ロケットガール養成講座・燃焼実験動画 2007年02月06日(火)18時50分09秒
URL: http://rocketgirl-fire.at.webry.info/200702/article_3.html

お久しぶりです。もうすぐアニメのほうも放送開始ですが、ロケットガール養成講座も進んでいます!先日4日に燃焼実験を行いました。実験結果は失敗でしたがこれからこの実験は数回行う予定です。高校生と大学生の成長にご期待ください。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


美村蔵親 2007年02月05日(月)12時18分54秒

>多重円筒にして重力の異なる場所を複数用意したほうが便利なんじゃないですか?
そのネタは見たことがあるので外しました。(そのかわりに「避難用」というものを考えたわけで) 階層がいっぱいあったほうが、面積稼げていいんですけどね。 やっぱり、コロニー野球(回転円筒内における弾道計算)くらいやらないと、ここに来ている人には面白くないかも。

>フィギュアを向かい合わせに
遅れ馳せながらノリます。 ミントとミルフィーユで「キャイ〜ン」って、キャラ的には頭脳派と天然で合ってますが、ミルフィーユが「あ・あ〜まのく〜ん」みたいなしゃべりかただったらイヤですね。(「る〜ん」のときのミルフィーユが、高めの声でちゃんとしゃべってるのでさえ、何か違うなと思ってしまった。「なぜか合体できちゃいました」は良かった)

この記事にコメントこの記事自身スレッド


 スペースコロニー 2007年02月05日(月)10時25分54秒

多重円筒にして重力の異なる場所を複数用意したほうが便利なんじゃないですか?
(居住用, 農業用, リクレーション用, 医療用, etc.)

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先


dukes of hazzard at imdb dukes of hazzard at imdb 2007年02月05日(月)08時59分01秒
URL: http://www.xvyn.com/168/dukes-of-hazzard-at-imdb.html

The dress happened to know it must be; and let us look farther into the ground, that in their bosoms.

この記事にコメントこの記事自身スレッド返答先メール


美村蔵親 スペースコロニー考 2007年02月03日(土)14時24分34秒
URL: http://www5.ocn.ne.jp/~crachica/index.html

スペースコロニーについてちょっと考えてみたことを、webページに載せました。 シミュレーションのおまけに書いていたもので、3DCGが地味ですが御了承ください。

「まなびストレート」 いや確かに、大人のキャラはちゃんと大人に描いているのに、ロリキャラで高校生と言い張るのは無理がありますが、アニメであんな風に描けることも、色や動きや構図やカット割りとかの見せ方のうまさも、見逃せないところです。(と言いつつ録画は上書きしてしまう私)

この記事にコメントこの記事自身スレッド


野尻抱介 2007年02月02日(金)18時06分42秒

 仕事が終わりません(;_;)。でも書き込み。

>デブリ雲
 昨日のNHKニュースでもやってました。ALOSではなくISSとの関係を語ってましたけど。
 衝突のさいに多くの要素がアポジ下げになって、近地点が高度400kmあたりになったようですね。このさきデブリが拡散していって半周分のずれができると、極軌道だからデブリどうしが正面衝突するケースが出てくるでしょうか。それで運動量を失って落下してくれればいいですが、さらに細かいデブリが生産されると嫌だなあ……。

WOWOW ONLINE:ロケットガール
 リニューアルされました。トップにはロケットガール養成講座へのリンクが。(しかしリンク先は本館新館別館と建て増ししまくって渡り廊下がエッシャーしている旅館みたいなので、行った人が道に迷わないかどうか心配(^^;。)
 各話紹介では1話のスチルが見られます。小さくてよく見えませんが、背景美術は『蟲師』で高評を得た脇さん。種子島ロケハンでも御一緒しました。

Looks like I'm not the only one who thought Stratos 4, especially this picture
 そろそろ海外でも話題になってるんだろうか、と思って検索してみたら上のような書き込みが(;_;)。そこで引用しているのはロケットガールRPGの表紙。
 旧版はシリーズタイトルがなかったせいで山内さんの表紙絵の本しか検索できないらしい。
 どなたか乱入して指導してやってください。

>ギャラクシーエンジェル大放出
 嗚呼、なんと不憫な。両方救出してフィギュアを向かい合わせに並べろということか(^^;。
 西暦20XX年、焼却時に高熱を発するためフィギュアの廃棄は有料になり、フィギュアつき商品の不良在庫はその差額を差し引いた価格で投げ売りされるのであった――みたいなディストピア?が脳裏をよぎってしまった。

>今季のアニメ
 『まなびストレート』は、キャラがロリなのがちょっとアレですが、斜に構えないところが好印象ですね。
 『地球SOS』も、いかんいかんと思いながら観ています。なぜいかんかといえば、レトロフューチャーへの傾倒はSFファンとして退行だと思うから。でもメカに存在感があるし、キャラが屈折してないのもいいので、ちょっとわくわくしながら観てしまう。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


平山寛 風雲1号Cのデブリ雲 2007年02月01日(木)21時53分37秒
URL: http://ssdl.aero.kyushu-u.ac.jp/

風雲1号Cのデブリ517個の軌道要素をざっと調べたところ、99025EFの軌道がALOSの軌道とかなり接近することが分かりました。南極上空で軌道が交差するところで、軌道高度差約400m。そのほか、交差点の高度差10km未満のデブリは7個。
誤解がないように言いますと、点と点の衛星間距離ではなくて、軌道の「線と線の距離」なので、交差するタイミングが合わないかぎり大丈夫ですが、要注意。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


はらしな ギャラクシーエンジェル大放出 2007年02月01日(木)19時27分23秒

某所でも話題のようですが、ギャラクシーエンジェルPC版ゲーム1作目の超限定版ミントパックと、ミルフィーユパックがなんと\999です。
在庫状況が「潤沢」になっているので、「でかすぎて邪魔」と評判の超限定版パッケージが倉庫のスペースを圧迫しているのでしょうか。
よっぽど処分したいのか通常ではありえない価格になっているので、未プレイの方はこの機会に是非購入されることを強くお勧めしておきます。

で、笑っちゃうのが、ノーマルの初回限定版\8,001という価格。
同じゲームなのに、ミントとミルフィーユのグッズが付属すると、付属しないタイプの1/8の価格になってしまうこの衝撃の事実・・・。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


松浦晋也 考えてみれば 2007年01月31日(水)23時08分44秒

 連投気味、かつチャット気味の投稿、申し訳ないです。これで最後にしますので。

>もしも打診が来たら

 こんなことを言っている時点で、商売としてはすでに負けであることに気が付きました。

 事故の一報を受けたらすぐにボーイングに電話して慰めの言葉と共に「バックオーダーを引き受ける用意がある」と意思表明し、返す刀で飛島と小牧に電話してH-IIA生産の可能性を2日でレポートしろと命令、さらにJAXA、文科省、経産省と支援要請、場合によってはアリアンスペースとバックオーダー分割の協議開始――今日中にここまでやるのが普通ですね、ビジネスの世界ならば。

 でなければ、経営者失格。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


小林伸光 ゼロ・プラス 2007年01月31日(水)19時00分04秒

ここで中継を止めずに、事態Eが起きました、とか言って、想定されうる事態のひとつが起きただけだという態度で淡々と中継を続けていたならば、シーランチへの信頼性はむしろ上がったかもしれません、残念でした。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


松浦晋也 ローンチ・アライアンス 2007年01月31日(水)18時58分17秒

 ボーイング(シー・ローンチ)、アリアンスペース、三菱重工業は、緊急時にペイロードを融通し合うローンチ・アライアンスを結んでいます。

 これはひょっとしてH-IIAにはチャンスなのだろうか。しかし、すぐに打ち上げてよと言われても、そもそも緊急用のロケットを作っていない(ここが一括大量発注しているアリアンと違うところ)。確かH-IIAはリードタイム2年ほどだったはずだから…

 もしも打診が来たら、荒らしの海にミカン船を出した紀伊国屋文左衛門のように、果敢に攻めの経営に出るべきと思うのだけれども。

 ボーイングも一枚噛んでいる、ユナイテッド・ローンチ・アライアンスが打ち上げを引き受けてお終い、かな?

この記事にコメントこの記事自身スレッド


野尻抱介 シーローンチ 2007年01月31日(水)16時57分27秒

 うーむ、射点の上でぐずぐず崩れ落ちるような爆発って、ずいぶん久しぶりでは。
 近いのはデルタ2のやつかな>Youtube:delta II rocket explode。爆撃としてはほどよい高度でやっちゃったので、地上に火の雨が降り注いで、世界の終わりみたいな惨状になります。

Sea Launch Home Page
 Zenit-3SLって寸法はH-2Aより大きいんですね。
 中枢はAssembly and Command Shipのほうにあるので、損害は案外軽いかも、という気もするのですが、まあわかんないですね。企業としては再起不能かも。

この記事にコメントこの記事自身スレッド


1つ前の過去ログ:野尻ボード (0225)


管理者: 野尻抱介 <nojiri@alles.or.jp>
Powered by CGI_Board